お知らせ

福田病院 スタッフブログ
モバイルサイト

休診・専門外来等のお知らせ

大腸CT検査を始めました。

当院では今年8月中旬にCT装置(コンピューター断層撮影装置)と画像解析ソフトを使って大腸の内部を3次元画像などで検査する「大腸CT検査」を始めました。

(左)大腸3次元画像 (右)仮想内視鏡画像

大腸CT検査とは

大腸CT検査は内視鏡カメラを挿入せずに肛門から炭酸ガス(CO2)を注入して拡張した大腸をCT装置で撮影し3次元画像として描出することであたかも大腸カメラで検査したような画像が得られます。(仮想内視鏡)
大腸カメラのように麻酔を使わず、空気ではない炭酸ガス(空気の130倍のスピードで体内に吸収されます)を注入することでお腹の膨張感も痛みもほとんどありません。検査時間も15分と短く(大腸カメラは約40分)検査後も炭酸ガスはすみやかに体内に吸収されるので膨満感もすぐになくなります。大腸カメラでの検査をためらっている方へお勧めします。

大腸CT検査 大腸内視鏡検査
長所 ・検査中の痛みが少ない
・検査が簡単で、約15分で終了する
 (すぐ帰宅できる)
・腫瘍などの狭窄があっても検査が行える
・大腸のひだの裏側もよく見える
・大腸以外の腹部情報が得られる
・大腸粘膜面の色の変化が観察できる
・ポリープがあればその場で切除できる
・平坦な腫瘍や5mm未満の
 小さなポリープを見つけやすい
・粘膜組織を採取することができる
短所 ・大腸粘膜面の色の変化が観察できない
・平坦な腫瘍は見つけにくい
・検査のみでポリープがあっても切除できない
・5mm以上のポリープ発見率は95%以上あるが、
 5mm未満の場合発見できないことがある
・内視鏡を進めていくと痛みがあることがある
・痛みが強い時は麻酔を使うため、
 検査後すぐに帰宅できない
・検査時間が長い(約40分)
・狭窄部位があるとその部位より先は観察できない
・大腸のひだの裏側が見えにくい時がある

脳神経外科・神経内科の診察が始まりました。

7月から尾藤昭次医師(脳神経外科・神経内科)の外来診察が始まりました。

<診察日・時間>
 毎週月曜・木曜・土曜 9:00~13:00(受付時間 8:30~12:30)

禁煙外来、始めました。

当院では6月1日より健康保険適用による禁煙外来を始めることになりました。
健康保険適用には、
  ①喫煙指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上
  ②ニコチン依存症スクリーニングテストが5点以上
  ③喫煙治療の意志と同意がある
等が条件となっています。
通常の治療期間は5回の診察を含め約3ヶ月(12週間)が基本になっています。
詳しくはお問い合わせください。

CT装置とデジタルX線透視装置が新しくなりました!

null

CT装置:16列マルチスライスCT

平成22年8月から新しいCT装置が稼働しました。16列マルチスライスCTと呼ばれる装置で、以前よりも大きな寝台とおおきなガントリ(穴の大きさ)で患者さんにリラックスして検査を受けて頂けます。ところで、16列とは?と疑問に思われる方も多いと思いますが、簡単です。1スキャンで人体の輪切りが16枚撮れると考えて下さい。以前の装置が2列でしたので、患者さんにとっては2列と16列では、もちろん一度に多く撮れる16列の方が速く、息止めの時間も短くできます。しかも最新のアプリケーションが搭載されていますので高画質で、血管の3D画像など簡単・キレイに抽出可能です。当院では、頭部や胸部、腹部の検査を主に行い、その他にも血管の狭窄や骨折の有無を見るなど診断に大きく貢献しています。

null

デジタルX線透視装置

平成22年8月から新しいデジタルX線透視装置が稼働しました。この装置ではバリウムを使った胃・大腸検査・治療のために血管内にカテーテルと呼ばれるくだを入れたり、他にも多目的な活躍をします。新しい装置は寝台が広く、乗り降りの高さが変わるのでラクに移動できます。患者さん、スタッフにとっても安全・安心な優しい設計です。もうひとつ大きく変わる点は、レントゲンフィルムがなりなり、撮った写真はパソコン上で表示します。これによりフィルムを探す手間がなりまり簡単に画像検索できるようになりました。またフィルム現像の際に出る廃液の処理も不要になり環境にも優しくなりました。

« 前 |