平成28年度 医療法人福田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 20 27 38 106 184 349 145
創立以来47年間、地域2次救急医療を担う当院は、社会の高齢化に伴い、幅広い年齢層の患者さまに治療を続けてまいりました。その中で当院において60歳以上が80%を超え、又80代が全体の50%を占めており、日本の社会が突き進む高齢による「高要介護」、「重症化」に、適宜、対応した全人的医療を提供し続けております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 20 42.3 21.25 0.0% 82.2
130090XX97X0XX 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし 16 12.9 11.25 0.0% 87.3
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 7.44 - -
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
161020XXXXX00X 体温異常 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし - - 5.81 - -
内科では、高齢者に伴う肺炎(特に誤嚥性肺炎は高齢の方に特徴的な疾患で、嚥下機能の低下により、ムセやすくなるために生じます)や貧血等の患者さんが多く、近隣の診療所や施設からの紹介が増加傾向にあります。重症化しやすいため、入院が長期化する傾向にあります。体温異常は脱水症のことで、高齢者の方が多い疾患です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 17 3.2 2.72 0.0% 66.3
060160X001XXXX 鼡径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼡径ヘルニア 手術・処置等2 なし 11 15.0 5.29 0.0% 79.0
161020XXXXX00X 体温異常 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし - - 5.81 - -
100330XXXXX0XX 栄養障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 17.84 - -
060245XX97XXXX 内痔核 手術あり 手術・処置等2 なし - - 5.85 - -
外科では、最も多いのは大腸ポリ-プで、内視鏡的結腸ポリ-プ・粘膜切除術を実施し、術後経過観察を定期的に行っております。食道・胃・肝臓、胆のう、大腸や痔、鼡径ヘルニアの手術を行っており、栄養障害や脳梗塞後遺症による嚥下障害の患者さんは嚥下評価を行った後の胃ろう増設術を行っております。高齢の患者さんが増加傾向にあります。患者さんに合わせた最適な治療を選択、術後のおいては、看護やコメディカルとの協力体制のもと、計画的に医学管理を行っております。その他として、疼痛管理をはじめ終末期ケアも積極的に取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 副傷病なし 30 74.0 20.57 0.0% 81.8
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 14 70.8 27.6 0.0% 84.5
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 13 44.1 20.45 0.0% 81.3
160800XX99XX0X 股関節大腿近位骨折 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし - - 15.97 - -
160820XX99XXXX 股関節周囲骨折・脱臼 手術なし 手術・処置等2 なし - - 21.33 - -
整形外科では、転倒等による骨折が上位を占めており、大腿骨頚部骨折、胸・腰椎の骨折の患者さんが増加傾向にあります。平均年齢が80歳を超えており、合併症(心不全、肺炎等)を伴うため、平均在院日数が長くなっていると考えられます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 13 26.9 17.95 0.0% 82.5
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 13 67.7 12.84 53.0% 78.9
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし - - 11.48 - -
040120XX99000X 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし - - 12.38 - -
040100XXXXX01X 喘息 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病あり - - 13.85 - -
循環器内科では高齢者の患者さんが多いため、心不全や呼吸器系疾患の患者さんが多く、腎不全(透析)、糖尿病、肺炎の患者さんにも治療を積極的に行っております。
また、近隣の病院との連携も深めております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院で最も多い症例は大腸癌です。次いで、胃癌、肝臓癌となっております。
治療に関しては、内視鏡、腹腔鏡、手術、化学療法等、患者さんにあわせた最適な治療法を選択しています。
※年間症例数10件未満の症例に関しては、データの公表は控えさせていただいております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 11.9 58.4
中等症 35 27 85.8
重症 12 33.4 87.4
超重症 3 57.3 90.3
不明 - - -
当院では、中等症の患者さんが多くなっています。重症になるにつれ平均在院日数も増加しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 21 71.72 85.13 0.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院では脳梗塞の患者さんは3日以内の発症が約9割の方で、24時間体制による早期発症の患者さんに対応しております。CTやMRI検査を実施後、診断後には
脳保護療法(ラジカットやエダラボン)等を開始後、早期リハビリを始めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211-1 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 17 0.5 2.7 0.0% 66.3
K6335 ヘルニア手術(鼡径ヘルニア) 11 2.3 11.0 0.0% 79.0
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 - - - - -
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
外科では内視鏡下的ポリ-プ・粘膜切除術が増加傾向にあり、鼡径ヘルニア、胆石、大腸、下肢静脈瘤等や高齢の方の悪性の手術を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)、(上腕) 13 5.5 74.9 0.0% 84.7
K0463 骨折観血的手術(足)、(膝蓋骨)、(鎖骨)、(指) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨、膝蓋骨、手、足、指)その他 - - - - -
K0462 骨折観血的手術(下腿)、(前腕) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
整形外科の上位は骨粗鬆症による骨折で全身状態の管理を行った後に手術を施行しています。術後は早期リハビリを行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
症例数としては、敗血症、また術後の合併症等は10件未満です。
これらの症例について、臨床上の医学管理において、当院は限りなく「0」を目指すよう努力しております。
更新履歴
2017年9月29日
初版公表