平成30年度 医療法人福田病院 病院指標


病院指標とは、DPCデータを基に厚生労働省が定めた集計条件に沿って指標を作成するもので、市民の皆さんに情報公開を進めることにより、当院の特徴や現状を理解していただくことを目的としています。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
<定義>
今回公表している病院指標は、平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費、治験の実施、研究費による治療を含む等の条件に該当する患者さん、来院時心肺停止を含む入院後24時間以内に死亡した患者さんのデータは集計対象外となります。
また、個人情報特定の配慮のため、指標のなかで患者数10未満の数値は「-」と表示しています。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 11 20 33 90 182 315 171
<定義>
一般病棟に入院された患者さんを10歳刻み(年齢階級別)で集計しています。90歳以上は1つの階級としています。

60歳以上の占める割合は90%を超え、内80歳以上が58%と高齢者の患者さんが多くを占め、地域の高齢化を反映しています。若い世代の30歳以下は0.7%です。
当院は、地域医療を担う急性期病院であり地域の保険医と共同で診療を行う開放型病床を有しております。
今後は更に高齢者の増加が見込まれることから、患者さまの状態に応じた全人的医療をこれからも続けて参ります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130090xx97x0xx 貧血(その他) 輸血あり - - 10.57 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) - - 7.40 - -
01021xxxxx0xxx 認知症 - - 16.94 - -
161020xxxxx00x 体温異常 - - 5.73 - -
高齢に伴う疾患の貧血や認知症など等を主に診察しております。
回復期(地域包括ケア病棟)を活用し、自宅や施設への退院支援を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 14 18.79 12.58 0.00% 87.79
060102xx01xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術あり - - 20.68 - -
060241xx97xxxx 痔核 手術あり - - 5.78 - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.42 - -
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 手術あり - - 4.96 - -
具体的な件数は10件未満の為規定により控えさせていただきますが、難治性便秘症による大腸憩室に対する外科的手術や痔核や鼠経ヘルニア、消化器系癌(大腸がん、胃がんなど)、胆のう炎などの炎症性疾患も多く診察しております。
そのほかにも、尿路感染症や腎盂腎炎などの細菌による感染した疾患を診ております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 24 76.63 17.66 0.00% 85.46
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 (その他) 13 78.00 6.19 0.00% 90.23
0400801499x011 肺炎等 75歳以上 定義副傷病あり A-DROP1 11 29.82 16.68 0.00% 86.27
0400801499x002 肺炎等 75歳以上 A-DROP2 - - 15.17 - -
地域の高齢化に反映し、心不全や肺炎などによる呼吸器系が多く、幅広い疾患の患者さんを診ております。
地域包括ケア病棟を活用し、自宅や施設への退院支援を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 42 66.60 19.61 0.00% 81.05
160800xx01xxxx 股関節、大腿近位の骨折 手術あり 10 88.30 26.30 0.00% 80.40
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし - - 19.32 - -
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 - - 12.02 - -
今年度も転倒等による骨折が上位を占めております。胸腰椎圧迫骨折は42件、大腿骨頸部骨折は10件でした。平均年齢が80歳を超えており、急性期の治療が終了すると地域包括ケア病棟または療養病棟へ転棟し在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを継続して行う事が出来ます。そのため、全国平均と比較すると在院日数が長くなっております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 - - 17.66 - -
0400801499x012 肺炎等 75歳以上 定義副傷病あり A-DROP2 - - 18.23 - -
具体的な件数は、10件未満のため規定により控えさせていただきますが、専門である腎疾患をはじめ、幅広い疾患の患者さんを診ております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
<定義>
UICCとは、国際対がん連合(Unio Internationalis Contra Cancrum)の略
すべての項目で10件未満です。
当院では、大腸がん・胃がんの症例が多くなっております。
治療に関しては、患者さんに沿った医療を心がけております。
末期の患者さん(緩和ケア)の受け入れも行っており、疼痛管理など患者さんの状態に応じて対応しております。
当院では平成30年10月よりマンモグラフィー装置を導入しており、触診では難しい小さな乳がんを早期発見治療できるよう努めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 59 34.54 85.61
重症 17 52.88 84.76
超重症 - - -
不明 - - -
<定義>
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人が発症した肺炎を指します。
成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを使用しています。①年齢・性別②脱水③呼吸④意識障害⑤収縮期血圧それぞれの因子を点数化し、軽症・中等症・重症・超重症の4段階に分類しています。

軽症は、平均年齢が60歳代であるのに比較し、中等症・重症以上は平均年齢85歳以上で入院期間も長くなっています。
急性期の治療が落ち着いた段階で、地域包括ケア病棟または療養病棟へ転棟し、自宅や施設退院に向けてリハビリテーションを行なっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 12 77.83 83.17 0.00%
その他 - - - -
<定義>
脳梗塞に分類された患者さんを発症日の3日以内とその他(4日以上)に分けて集計しています。

当院では平均年齢が80歳以上となっており、地域包括ケア病棟へ転棟し、自宅や施設退院に向けてリハビリテーションを行なっております。平均在院日数3日以内が77.83日と前年と比較するとやや長くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
<定義>
同一手術において複数施行された場合は、主たる手術のみカウントしています。その内、輸血関連・創傷処理・皮膚切開術・非観血的整復術・徒手整復術・軽微な手術は対象外です。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 15 4.27 43.47 0% 83.13
K7436 痔核手術(脱肛を含む)(PPH) 10 1.10 4.60 0% 69.00
K6711 胆管切開結石摘出術(チューブ挿入を含む。)(胆嚢摘出を含むもの) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
外科で最も多いのは大腸がんや大腸憩室による開腹手術や痔核(脱肛)であり、そのほかには胆のう炎や内視鏡によるポリープ切除、鼠経ヘルニア(脱腸)の手術も行っております。
高齢の患者さんに対して、生活の質(QOL)をあげる目的で姑息的な手術も行っております。他職種との連携をはかり、リスク管理をした上で施行させていただいております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0442 骨折非観血的整復術(前腕) - - - - -
整形外科の上位は、地域の高齢化に反映して骨粗鬆症による骨折が多く、全身状態の管理を行なった後、手術を施行しております。また、ハイリスク患者さんに対しては、他院等と連携をはかり紹介もさせていただいております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
すべての項目で10件未満です。
手術や処置などを行なう際には、重症の誤嚥性肺炎や尿路感染症などの合併症を起こさないように細心の注意を払っております。しかしながら、一定の確率で合併症は起こり得るため、事前に可能な限り患者さんに説明をした上で、手術や処置の施行に同意を頂くよう努めています。
更新履歴
2019年9月25日
2019年9月26日
初版公表
初版修正→2版公表